主婦にも付き合いはあるんです。

高松市在住の35歳です。主婦にもお友達付き合いがあります。お仕事されている方でも、パートの方ならお給料は生活費で自分のお小遣いも無いという方もいるかもしれません。専業主婦でもお小遣いがある方、無い方、あっても少ない方など色々です。どのような立場の主婦でもお付き合いというのがあります。

学校や習い事などでのママ友付き合い、ご近所付き合い、旧友とのつながり、パート仲間とのお付き合い、仕事などでの歓送迎会など自身にお金のかかることは山ほどあるのです。このようなお付き合いに出向く場合、「着ていく洋服がない」「靴やバックも欲しいな」「しばらく美容院に行ってないからカットとカラーリングに行きたい」「そろそろ化粧品がなくなりそう」などなど前準備が女性にはあります。

このようなこまごました事に女性はお金がかかります。ママ友とのお付き合いの場合は、子供同伴のお出かけだとさらに子供の分もお金がかかります。久しぶりに会う旧友だと、久しぶりだから綺麗になったねーなんて言われたいがために、ちょっとおしゃれにも力が入ります。ネイルなんか行ってみたり。(ネイルサロンをお探しなら⇒※ネイルサロン高松市

ちょっと良いお店でランチなんてことにでもなれば、お札も何枚も飛びます。場所移動でおしゃれなカフェでお茶でもなんてことにもなります。

社員・パートの方がやめらるので、皆さんで食事でもーとか、お花でも買いましょうなんて事にでもなればいくらずつ徴収されるかしら?自分で自由になるほどのお小遣いがある主婦なんてバリバリお仕事をされている方か、ご主人が稼ぎが良いか、ご実家からお小遣いをもらっている主婦しか考えられないけど、同なんでしょうか?

お金がかかるとわかっていても、お友達とのランチでおしゃべりするのはストレス発散にもなります。趣味にもお金をかけて気分転換したい!

なにをするのもお金がかかるのは当たり前ですが、自分のためにお金を使う事に躊躇してしまう主婦の人はたくさんいると思います。自分の事より、まずは子供のため、家族のためと考えてしまいます。余裕があってもきっと子供の将来、家族旅行のためなど貯金をしておこうと思ってしまうかもしれません。

なので、主婦、専業主婦の方はよほどの余裕がない限りは、余裕ないわーと思っているかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です