女なのに眉毛が長い、、

若いころから眉毛の処理には悩んでいて、どういう形に剃ればいいのか、眉尻はどの程度残そうかとか化粧をするたびに眉毛を気にしていました。

初めて処理をしたのは、中学二年生の時です。

仲良い友達や、おしゃれに敏感な子たちが眉毛を細くしだしたのがきっかけで、毛抜きで抜いて薄くしたり、剃って細く、眉尻なんてほぼ無いくらいに処理してしまいました。

そんな風にしてしまったため、ちょっと生え出すとちくちくした感じがすごく気になって、抜くことを繰り返してしまっていました。

次第に眉毛が生えてこなくなった個所もでき、なんだかまばらなスカスカな眉毛になって今に至ります。

しかも、抜いたりしてしまっていたせいか、残っている眉毛は毛が太く、太い毛にスカスカな眉毛、そしていますごく悩んでいる眉毛の長さ、、、いろんな悩みがここに集中してしまっている気がします。

今も週に2、3回は眉毛を整えるために、残したい眉毛以外は毛抜きで処理しています。ほとんど剃ることはしていません。

あこがれている猫毛のように細く、流れるような毛並みとは全く違い、長いゆえに時々寝癖でしょうか、、毛の流れる方向に歯向かって立ってしまっている眉毛もあります。

年を重ねるにつれて、自分にしかわからない程度ですが年々眉毛が伸びている気がします。。

そしてふと最近気づいたのが、私の祖父があまり見たことがないくらいの眉毛の長い人でした。

やっぱり眉毛が年をとるにつれて伸びたのか、眉尻が歳で垂れ下がったのかわかりませんが、晩年は眉毛が目に入るくらい長く、太くしっかりとありました。頭の方は白髪で、うっすらとしか毛がないのに、、そしていま父親の眉毛がこれまた長くて、、こういう家系なんでしょうか。。

そこで最近は脱毛サロンで眉毛を時々脱毛しています。<ここで…http://xn--9prs8pnxnfgncgj.jp/

そうすると長く伸びた眉毛もあまり顔から主張することなく化粧もしやすく、髪の毛が地毛の私は顔が暗く化粧をするとき鏡を見るたびこの数年落ち込むばかりでしたが、眉毛の色を明るくすることで、化粧をするときの気分も以前より明るくなれます。

眉毛をカットすることも時々はしていますが、いつもテーブルで化粧をする癖のついている私は毛が飛び散るのが嫌で、怠ってしまっています。

眉毛って意外と脇役のようで、引き立て役でもありますよね。

理想の眉毛にはなれなくとも、もう少し自分の眉毛を好きになれるようにこれからもいろいろ処理方法考えたり、化粧の仕方を変えてみたりして、自分に合った形を見つけていきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です