闇夜に咲いたハイビスカス

給料日に妻からわずかな小遣いをもらい、それを握りしめてホールに向かう人は多いはず。
ボーナス後ならその握力は何倍にも増している。

私もそうでした。年末ボーナス後の最初の週末、私は妻から貰った5万円をレスラー級の握力で握りしめホールに向かいました。

とは言え、5万円全てを使うきは最初から無いのです。クリスマスには妻と子供にサプライズでプレゼントをしよう。
正月になれば親戚の子にも久々に会う。あそこの両親は厳しいけど、内緒でお年玉をあげよう、などと楽しい想像もしていました。

そして、もしも、万が一今日勝つようなことがあれば、その楽しい想像は何倍にもなって現実になる、などとわくわく考えていました。

ホールに入ると、独特の薄暗がりに紫煙の香が漂っています。その狂気まじりの空気に心が急かされるのを感じながら、まずはぐっとこらえて店内を一周。

ビッグ率は6を抜けてるがバケは1以下のジャグ。。。いや、これじゃねえ。

回転数300ちょいのハーデス。。。犬がワンワン吠えるのが目に浮かぶ。これじゃねえ。

大好きな黄門もオーラを感じない、絆は満席、リオは4号機の大負けが頭をよぎる。
そのとき、キレイな華が視界を横切りました。

とてもキレイなハイビスカスの花でした。孤高の冬に凜と咲く、二つの真っ赤な花です。

細かな回転数は分からいが、100回転超スルーを3回し現在150回転。これだろう。沖ドキは詳しくないが、3回スルーは理論値プラス、と聞いたことがある。

下皿に煙草を投げ入れるとスマホでググってみる。間違いない。3回スルーは打つべし。右手には美尻の女性が立っている。

最近の派手な台に慣れてしまうと少し味気ない気もするが、絶対に一度も取りこぼさないという使命を自らに課し打ち進める。

1000円で約20回転、あまり回らないことをすぐに実感し思わず天井までを計算し一瞬、顔が青くなる。天井まで4万円超だ。

手持ちは5万円。或いは早々に引くべきか。。。と思ったら、咲きました。キレイな花が。真っ赤な花が。投資3000円。

ビッグは1G連なしで無事消化。勝負はここから32G以内。慎重に打ち進める。優しく、花を育てるように、優しく、優しく。そう、優しく、優しく。

。。。光らない。花が咲かない。

ここからは途端に記憶が曖昧である。スルー回数が増すごとに期待値は増し、財布は軽くなる。

この「スルー回数が増すごとに期待値が増す」というのがギャンブラーのココロを鷲?みにし、どうやっても振りほどくことが出来ない。

次、光りさえすれば、花が咲きさえすれば、そう呟きながら闇夜のハイビスカスを見つめていた。死にそうな顔で。
気が付けば財布に札はなし。一枚も。諭吉だけではなく、格下の札さえない。

私の5万円を吸収してもなお、闇夜のハイビスカスが咲き乱れることはなかった。私の、家族の楽しいクリスマスを吸収しても、ハイビスカスは咲くことなく、闇夜に静かにたたずんでいた。

この後、お金を借り入れに行ったのは言うまでもない。。。

毎月の定期収入が欲しい!

ひとつ夢を叶えて貰えるとしたら、それはもちろん「お金が欲しい!」ということです。「お金持ちになりたい」とまでは言いません。だって、お金持ちに見合うライフスタイルを送ることはできないと思いますので。

と、言いますか、お金持ちの方々がしているような生活は私には難しいと思いますので。たとえお金があったとしても。

想像の範囲なのですが、お金持ちの方々は家での服だってちゃんとしていることでしょう。それがまず私は耐えられないと思うのです。

いくらお金があったとしても、自宅でネグリジェとかパジャマのようなものを着たくないです。いや、そもそもお金持ちの方々は、家の中で寝巻きで生活をするなんてこともないのでしょう。ちゃんとした部屋着だってあるのでしょう。

しかし私ときたら、自宅ではジャージでそして寝るときも同じジャージですからね。お風呂から出たら新しいジャージに着替えてそのまま寝ますよ。

このような生活はお金がないからしているのではなくって、楽だからしているのですけれど、しかしお金持ちになりましたら、このような生活をすることはできないような気がしますので。

ですから「お金持ちになりたい」ではなく、「毎月20万円のお金が欲しい!」という程度にとどめておきます。いや、なんなら「毎月10万円」でもいいですよ。

実現可能な金額にしたところで、本当にひとつ夢を叶えて貰えるとは思っていませんが、しかしもしもひとつ夢を叶えて貰えるのなら「定期収入」で。

毎月10万円でも20万円でも、なんだったら5万円でも自由に使うことができるお金があれば、ずいぶんと生活に余裕が生まれることでしょう。

今はなかなかのカツカツ具合での生活ですからね。まあ携帯代が払えないで止まるほどじゃないですけど。入ってくるお金はすべて使い道が決まっているというものです。余剰はボーナスぐらいでしょうか。ですから「ボーナスではこれを買う」ですとか、「ボーナス分から補填」ということは、我が家では結構ありますからね。

しかし毎月数万円でも余分に入ってくるのでしたらかなり生活が潤います。とくに気持ちの上で!ですからひとつ夢を叶えて貰えるのならば、「毎月10万円欲しい!」にします。

主婦にも付き合いはあるんです。

高松市在住の35歳です。主婦にもお友達付き合いがあります。お仕事されている方でも、パートの方ならお給料は生活費で自分のお小遣いも無いという方もいるかもしれません。専業主婦でもお小遣いがある方、無い方、あっても少ない方など色々です。どのような立場の主婦でもお付き合いというのがあります。

学校や習い事などでのママ友付き合い、ご近所付き合い、旧友とのつながり、パート仲間とのお付き合い、仕事などでの歓送迎会など自身にお金のかかることは山ほどあるのです。このようなお付き合いに出向く場合、「着ていく洋服がない」「靴やバックも欲しいな」「しばらく美容院に行ってないからカットとカラーリングに行きたい」「そろそろ化粧品がなくなりそう」などなど前準備が女性にはあります。

このようなこまごました事に女性はお金がかかります。ママ友とのお付き合いの場合は、子供同伴のお出かけだとさらに子供の分もお金がかかります。久しぶりに会う旧友だと、久しぶりだから綺麗になったねーなんて言われたいがために、ちょっとおしゃれにも力が入ります。ネイルなんか行ってみたり。(ネイルサロンをお探しなら⇒※ネイルサロン高松市

ちょっと良いお店でランチなんてことにでもなれば、お札も何枚も飛びます。場所移動でおしゃれなカフェでお茶でもなんてことにもなります。

社員・パートの方がやめらるので、皆さんで食事でもーとか、お花でも買いましょうなんて事にでもなればいくらずつ徴収されるかしら?自分で自由になるほどのお小遣いがある主婦なんてバリバリお仕事をされている方か、ご主人が稼ぎが良いか、ご実家からお小遣いをもらっている主婦しか考えられないけど、同なんでしょうか?

お金がかかるとわかっていても、お友達とのランチでおしゃべりするのはストレス発散にもなります。趣味にもお金をかけて気分転換したい!

なにをするのもお金がかかるのは当たり前ですが、自分のためにお金を使う事に躊躇してしまう主婦の人はたくさんいると思います。自分の事より、まずは子供のため、家族のためと考えてしまいます。余裕があってもきっと子供の将来、家族旅行のためなど貯金をしておこうと思ってしまうかもしれません。

なので、主婦、専業主婦の方はよほどの余裕がない限りは、余裕ないわーと思っているかもしれません。

外国人妻の苦悩

現在オランダのハーグ在住で、約10年間専業主婦をしております。子供が産まれる前は私達夫婦は共働きだったので、頻繁に外食などが出来ました。

そして、子供が産まれると私は専業主婦になり、主人の収入で家族4人分をやりくりしなければならなくなりました。

子供達が小学校に上がるまではそれほど大きな出費はありませんでしたが、小学校に通い始めるとクラスメイトの誕生日会に招待される機会が多くなりました。

こちらの誕生日会はプールや屋内の遊び場、スケート場などで行われたり、自宅の庭に小さな動物園を呼んだりしてとても盛大に行われる事が多いのです。そう言うパーティですので、誕生日プレゼントもそれなりの物を用意します。

我が家は子供が2人いるのでそれぞれが誕生日会に招待されると、それだけプレゼントも必要になります。喜んでいるのは子供達だけで、親のお財布はどんどん寂しくなっていきます。

ある年の1ヶ月間は誕生日会が重なりました。2人合わせて8個のプレゼントを用意する必要があり参りました。お財布に入っていた現金が物凄い速さで消えていきました。

又、ある年のクリスマスの朝、いつものように洗濯機を回していた際、白い煙が出ている事に気づきました。最初は目が霞んでいるのかと思いましたが、そうではありませんでした。その洗濯機はまだ5年も使用していないもので、

壊れたとは認めたくありませんでした。翌日は祝日だったので、更に翌日電化製品屋に行き新しい洗濯機を購入しました。ホッとしたのもつかの間、年が明けると掃除機が突然動かなくなりました。前日まで普通に動いていたのに、その日はスイッチを入れても何も音がなりませんでした。私も主人もショックでした。なぜこんなに出費が重なるのか。

その2ヶ月後には車の車検があり、修理費や保険料でお金があっという間になくなりました。お金はいくらあっても足りないものだなとつくづく思いました。外食費も高いので、極力家で食事をするようにしています。

そして、家族の誕生日などの時は少しだけ贅沢をするようにしています。